ラクビ 効果

ラクビの3つのこだわりとその効果

ラクビには3つのこだわりがあります。

 

その1 生きた酪酸菌で栄養の過剰摂取を抑える

酪酸菌はぬか漬けなどに含まれる菌の1つで、短鎖脂肪酸を作り出します。
短鎖脂肪酸とは栄養や脂肪分を吸収し過ぎるのを防いでくれます。

 

ラクビ1粒には、1700万個の酪酸菌が凝縮されています。
酪酸菌が働く腸にきちんと届くように工夫されているから効果が期待できるんですよ。

 

その2 腸の調子を整えて排便を促し、肌荒れの改善へ

「植物性キトサン」は余分な油を吸着する働きがあります。
「ビフィズス菌B-3」は、森永乳業が数千種類の中から選りすぐった特許成分です。
この2つの成分が腸内フローラを整えます。

 

腸内フローラはバランスを崩すと、便秘や軟便の症状が出る場合があります。
だから腸内フローラを整えることが大切で、便秘の解消につなげます。

 

腸内フローラが整うと便と一緒に老廃物もしっかり排出してくれます。
よって肌荒れの改善にもつながり美肌へ導きます。

 

その3 善玉菌と悪玉菌の両方に作用する

オリゴ糖が善玉菌の餌になり、短鎖脂肪酸の生産をサポート。
サラシアエキスが腸内フローラをサポートしながら悪玉菌に作用する。
サラシアエキスは天然のハーブエキスだから、食事では摂りづらいのでラクビで補えるのは嬉しいですね。

 

詳しい成分とその効果は、↓↓のラクビ公式サイトで確認してみてくださいね。

 

>>「ラクビ」の効果について詳しくはこちら